生活の支援をしてくれる、優しいパトロンを探すために出会い系に登録しました。
バイト仲間から言われていたこととして、あっという間に待ち合わせにはならないこと。
体を求めないお金くれるパパは確実にいる、だけど出会うにはそれなりに時間も必要だと言うことでした。
また援助金額が、とても少ない方もいたりするようです。
また割り切りと勘違いをするような方もいるようです。
そういう注意点も受けましたから、しっかり気持ちを持ちながら募集を続けられました。

 

 募集を続けていくうちに、多少なりともメールを受け取れます。
メールが来たら、早くLINE交換を勧められていたので、それに従っていきました。
やはり割り切りと勘違いした男性もいます。
食事パパの話を伝えると、理解してくれていやな思いをすることもありません。
利用者の質が高いのはよくわかりました。
待ち合わせをするような方も出てきました。
また一度限りのお食事で終わってしまい、1万円ほどの収入でした。
食事でお金をくれる方がいる、だから本格的なサポートも受けられると確信が持てました。

 

 不動産業を営んでいるという50歳の方から連絡がやってきました。
Jメールの中でメール交換になりました。
通話をすることになったのですが、私がお金が欲しい理由を聞かれました。
父親の収入がなくなったため、大学生活が続けられないかもしれない話を素直に伝えました。
「なら、食事に付き合ってくれる?時間はそちらの都合で構わない」
そして3万円の支払いを約束してくれました。

 

 後日待ち合わせして、レストランに連れて行かれました。
そこでもこれからのキャンパス生活に不安があって、どうしようか迷っている話もしました。
食事が終わる頃「とりあえず、週1ペースで待ち合わせしてくれるか?今日と同じ、都度払いで3万円の条件で」と言われそれを飲みました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者に教わったサイト